東京大阪四会倒産法部シンポジウム「倒産手続における債権の優先順位」(山本幸治弁護士)開催日:2019年4月5日

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、大阪弁護士会の四会の倒産法部で共催する
シンポジウム「倒産手続における債権の優先順位」の第2部第2テーマにて、
山本幸治弁護士がパネリストを務めます。
 
日時:2019年4月5日(金)午後2時~5時40分
場所:東京都千代田区霞が関1丁目1番3号
   弁護士会館2階 クレオ
内容: 「倒産手続における債権の優先順位」
   第1部 基調講演 講師 藤本利一教授(大阪大学)
   第2部 パネルディスカッション
    第1テーマ 「債権の優先性に関する諸問題」
     パネリスト:藤本利一教授、永谷典雄部総括判事(東京地裁民事第20部)
           三枝知央弁護士(東京)、篠田憲明弁護士(第二東京)
     コーディネーター:上田慎弁護士(第一東京)
    第2テーマ 「倒産手続における債権の劣後化」
     パネリスト:藤本利一教授、永谷典雄部総括判事(東京地裁民事第20部)
           金山伸宏弁護士(東京)、山本幸治弁護士(大阪)
     コーディネーター:高尾和一郎弁護士(第一東京)
 
詳細は こちら  をご参照ください。